海外旅行・海外渡航時の保険 クレジットカードの海外旅行保険は役立つの? 

お金の話

海外旅行・渡航時に検討するべき項目として、保険が挙げられます。日本は国民皆保険制度が整っているので、旅先で病気やケガをした際にも、日頃持ち歩いている健康保険証を提示することで全費用の3割負担で医療機関に行くことができます。ところが、海外旅行・海外渡航時には、別途、保険を掛けることを勧められることが多いと思います。しかし、なぜ、別途、保険に入らなければならないのかイマイチよく分かりませんよね。ここでは、海外渡航する際に抑えておくべき保険の事情をご説明します。

健康保険(健保)と国民健康保険(国保)の海外療養費とは?

あまり知られてはいないのですが、日本の健康保険は、海外における病気・怪我に伴う医療費発生時においても、保険適用されます。万一、うっかり、海外旅行保険を掛けずに海外渡航し、渡航先で医療費が発生しても、保険求償ができるのです。

ただし、海外で発生した医療費については、国内とは取り扱いが異なります。

  • 医療費全額を全額、一旦、ご自身で支払う必要があります。後日、ご自身が加入する健康保険組合に対して求償しなければなりません。
  • 払い戻し額の算定方法が、国内で発生した医療費とは異なります。
    1. 日本の基準で算定した額が海外で実際に患者が支払った額(日本円に換算した額)を下回る場合には、算定した額から自己負担分(原則3割)を控除した額が払い戻されます。つまり、現地で非常に高額な医療費が発生しても、日本の基準で医療費算定される為、払い戻額は実費の3割に満たない可能性があります。このような仕組みになっている為、海外渡航時には、渡航期間に関わらず海外旅行保険が進められるのです。
    2. 日本の基準で算定した額が海外で実際に支払った額(日本円に換算した額)を上回る場合には、実際に支払った額から自己負担分(原則3割)を控除した額が払い戻されます。医療費の安い国て治療を受けたとしても、ご自身の3割負担は変わりません。

保険求償に際しては、海外の医療機関での診療内容証明書と、診療に要した医療費の明細書を提出する必要があります。また、殆どの保険組合が、診療内容証明書について日本語訳を求めてきます。費用的にも不完全で、かつ、後日の手続きも面倒なため、あまり、海外旅行保険をうっかりかけ忘れたときの「奥の手」程度の認識に留めておくのが無難ですね。

クレジットカードに付帯する海外旅行保険

日本で発行されたクレジットカードには、無料で海外旅行保険が付帯しているものがあります。まずは、ご自身がお持ちのクレジットカードに海外旅行保険がついているのか確認してみましょう。海外旅行保険付帯のクレジットカードを持っていれば、旅先でトラブルがあっても安心。補償範囲内で、経済的な負担をサポートしてくれます。

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は、様々な点でメリットが有ります。

  • カードを所有しているだけで補償の対象となり得ます。面倒な加入手続きは不要です。当然、海外旅行保険費用が請求されることもありません。
  • クレジットカード契約期間中であれば、一度の渡航期間90日以内の海外渡航を何回しても、補償の対象となります。
  • 海外旅行保険が自動付帯となっているカードと、海外旅行保険が利用付帯となっているカードを組み合わせて保障期間を延ばすこともできます。海外旅行保険が利用付帯のクレジットカードの保険適用開始は、旅費(飛行機代、ホテル代など)の支払いを条件としているところが多いです。
  • 複数のクレジットカードを契約している場合、傷害死亡・後遺障害以外の保障金額を合算することができます。

海外在住の方でも、90日以内毎に日本に帰国するような生活を送っている方であれば、後述する海外旅行保険は不要です。実際、90日以内の渡航を繰り返している、と語っている人にお目にかかったことがあります。尤も、そのような人でもコロナ禍では、国を跨いだ移動は難しい為、別途、海外旅行保険の契約をしたようです。

救援者の渡航費用もクレジットカードに付帯する海外旅行保険がカバーしてくれます。心臓発作、脳出血など急に発生する事象で、家族の助けが必要な場合に心強い味方です。クレジットカードに付帯する海外旅行保険は侮れません。

海外旅行保険、海外駐在保険、海外赴任保険、長期滞在保険など

90日を超えて海外に滞在する場合、クレジットカードの自動付帯・利用付帯を組み合わせた裏技を使っても、付保されなくなります。このような場合、最長5年程度までカバーする保険契約のご検討をお勧めします。

90日を超える海外渡航時の保険は、自宅を出発してから帰宅するまでの間に発生した病気・怪我、損害などを補償します。自宅を起点とするので、国内移動中であっても補償対象となります。海外旅行保険は、ご自宅出発前に加入することをお勧めします。空港で保険に入った場合、自宅から空港までの移動については、保険対象外になります。

海外旅行保険の治療費用は、旅行中に発病した病気やケガによる治療費や入院費が補償の対象です。旅行の出発前に発症し治療をうけたことがある既往症は補償されないのが一般的です。「疾病に関する応急治療・救援費用」という特約を別途、オプション追加することがで対応することになります。

歯科治療も原則的には保険求償対象外です。歯科治療も保険に含めたい場合は、歯科治療に関する特約を別途追加する必要があります。但し、事故や転倒など外傷性の要因で歯科治療が必要になった場合は、歯科治療に関する特約が無くても保険求償の対象となることがあります。

外来、入院を含めて医療費のキャッシュレスサービスに対応している/いないを保険約款で事前にご確認させることをお勧めします。キャッシュレス対応していない場合、一旦はご自身で医療費を建て替えることとなります。海外の高額な医療費を建て替えるのは大変です。是非、キャッシュレス対応のカードを選択してくださいね。大金の建て替えをしなくてもすむので安心できますよ。

あわせて読みたい

【海外旅行保険】利用付帯のクレジットカードとは?お勧めは?
海外旅行に出かける際、クレジットカードは必需品です。クレジットカードの機能として、別途の追加費用を支払うことなく海外旅行保険機能が付帯されていることがあります。そして、海外旅行保険機能は、大別して「自動付帯」と「利用付帯」があります。「自動...
楽天モバイル 海外赴任、海外在住、海外駐在の方には一択(Androidユーザー限定)
昨今、docomo, au, Softbankからの新料金プランの発表で、携帯業界は大変な騒ぎです。大手キャリアが大幅値下げを仕掛けてきたのですから、新興勢力の楽天モバイルは新たな戦略を練り直すのは必至の状態です。このようなご時世ですから、...