【海外旅行保険】利用付帯のクレジットカードとは?お勧めは?

お金の話

海外旅行に出かける際、クレジットカードは必需品です。クレジットカードの機能として、別途の追加費用を支払うことなく海外旅行保険機能が付帯されていることがあります。そして、海外旅行保険機能は、大別して「自動付帯」と「利用付帯」があります。「自動付帯」のクレジットカードは、クレジットカードを契約している限り、自動的に海外旅行保険が適用されています。一方、「利用付帯」のクレジットカードは、カード会社が指定する項目ついてクレジットカードを用いて決済をすることで、海外旅行保険が適用となるものです。そして、「利用付帯」の条件は、クレジットカード毎に異なります。したがって、「利用付帯」を条件としているクレジットカードの海外旅行保険を機能させるためには、事前に行うべきことを、正しく把握しておく必要があります。

海外旅行保険 自動付帯と利用付帯の違い

まずは、自動付帯と利用付帯の違いをしっかり理解しましょう。

メリットデメリット
自動付帯・クレジットカードを持っているだけで海外旅行保険が
適用される。・保険をかけ忘れる心配がない。
・海外旅行保険の適用開始日が日本出国時に固定される。
・自動付帯を利用付帯を併せ持つクレジットカードがあ
る。この場合、利用付帯の条件を満たす/満たさないによっ
て保険限度額が変わる。
利用付帯・クレジットカード毎に指定されたカテゴリーの決済に
クレジットカードを使用することで海外旅行保険が適用
される。
・クレジットカードによっては、旅行の途中を保険適用
開始日とすることができる。但し、その場合は、日本国
内で利用付帯の始動となる決済をしてはいけない。例:
当該海外渡航の為の航空券の購入
・保険をかけ忘れる心配がある。
・利用付帯の条件に当てはまらない決済を、利用付帯の条
件を満たしていると勘違いすることがある。例:旅行中の
ホテル宿泊料の決済。
・海外旅行保険が適用開始日が日本出国時に固定されてい
るクレジットカードがある。

海外旅行保険 利用付帯の適用条件

クレジットカードの海外旅行保険が「利用付帯」条件となっている場合、ツアーなどの旅行代金や、旅行で使用する公共交通機関の交通費の決済が必要です。公共交通機関とは、飛行機、電車、バス、タクシーを指します。間違えやすいのが、レンタカー代金、ガソリン代、ホテルの宿泊料です。これらは利用付帯の適用条件ではないので、どれだけ多額の決済をしても、保険適用開始にはなりません。

そして、利用付帯を条件とするクレジットカードには、旅行代金等の決済が、日本出国前に限定されているカードがあります。つまり、このようなカードは、必然的に、保険適用開始日が日本出国の日となってしまうのです。旅行中の特定日を、ご自身の意思で保険開始日に設定することができないのです。また、Amexは、出国した後でも、公共交通機関の支払いをすることで海外旅行保険の利用付帯条件を満たすことができますが、補償期間は日本を出国された日から90日となります。これなら、自動付帯のカードを利用したほうが便利ですよね。

海外旅行保険機能が「利用付帯」を条件としているクレジットカードを探している方の目的は、「自動付帯」の海外旅行保険の期限切れとなる日本を出国して91日目以降の海外旅行保険を気にしている方が大半と推測します。この視点で利用付帯のクレジットカードを分別してみましょう。出国と同時に保険が適用されることを目的とするのであれば、海外旅行保険「自動付帯」のクレジットカードを選びましょう。

利用付帯保険には「旅行代金などの支払い」と保険の適用条件が記されています。一般的には、日本から出国する前に、「公共交通乗用具」および「募集型企画旅行」の料金を支払った場合に適用されます。公共交通乗用具とは、飛行機・バス・電車などのことで、自家用車で利用されたガソリン代や高速料金は適用外となります。募集型企画旅行とは、一般的に「パッケージツアー」と呼ばれており、それに対し受注型企画旅行や手配旅行代金は、クレジットカードで決済していても適用外となる場合があるので確認しておきましょう。

出典:三井住友カード

※利用付帯の条件は、クレジットカード発行会社の都合により変更されることがあります。本調査は、2021年5月13日に行っています。クレジットカード契約時、そして、実際に海外渡航前にお手元のクレジットカードの利用付帯条件を、お確かめの上、保険がかかっている状態で安心してお出かけください。

免責事項:当サイトが提供する情報によって生じる不利益は一切の責を負いません。必ず、ご自身でカード会社が発行する保険約款をご確認ください。

海外旅行保険 利用付帯の主なクレジットカード おすすめは?

以下のクレジットカードは、調査日時点では、保険開始日を調整することができるようです。但し、保険条件は、変更されることがあります。また、同じクレジットカード会社発行のカードであっても、カードの種類によって利用条件が異なります。

具体的な「利用付帯」条件の一例

海外旅行保険で最も重要・かつ、利用頻度の高い項目である、怪我、疾病の治療費が300万円と高額であるMICARD GOLDの記載を見てみましょう。赤下線部のような記載が、利用付帯条件として大切な項目です。

ご利用条件
①被保険者が日本国を出国する以前に公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を本カードによりお払い込みになられた場合。
②被保険者が日本国を出国する以前に公共交通乗用具または募集型企画旅行の予約を行い、且つ、その料金を本カードによりお払い込みになられた場合。
③被保険者が日本国からの出国後、公共交通乗用具の料金を本カードによりお払い込みになられた場合。
④被保険者が日本国からの出国後、公共交通乗用具の予約を行い、且つ、その料金を本カードによりお払い込みになられた場合。
※募集型企画旅行
…平成16年12月16日国土交通省告示第1593号の標準旅行業約款募集型企画旅行契約の部第2条第1項に規定するものをいいます。詳しくは旅行代理店にご確認ください。
※公共交通乗用具
…航空法、鉄道事業法、海上運送法、道路運送法等に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運行される航空
機、電車、船舶、バス等をいいます。
※公共交通乗用具の料金には、定期券・回数券の購入は含まれません。

出典:MICARD

保険責任期間
ご利用条件に合致する海外旅行について、海外旅行の目的をもって日本国内の住居を出発されてから住居に帰着されるまでの間で、且つ、日本を出国した前日の午前0時から日本に入国した翌日の午後12時までをいいます。但し、その料金のお払い込みに本カードをご利用いただいた時以降に限ります。また、1回の海外旅行ごとの保険責任期間は、それぞれ次の期間をもって限度とします。
①日本出国前に公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金のお払い込みに本カードをご利用いただいた場合は日本出国時から3カ月後の応当日の午後12時までの旅行期間。
②①に該当しない場合で、日本出国後に公共交通乗用具の料金のお払い込みに本カードをご利用いただいたときは、最初の利用時から3カ月後の応当日の午後12時までの旅行期間。

出典:MICARD

海外旅行保険 利用付帯でも保険開始日が日本出国の日に固定される主なカード

以下のクレジットカードは、要注意です。保険開始日を調整できません。画面にある通り、保険規約は、変更されることがあります。必ず最新の情報をご自身でもご確認ください。

  • 楽天カード
  • ニコスVIASOカード
  • 高島屋カード、高島屋カード<ゴールド>
  • イオンゴールドカード
  • Amexが発行する以下のクレジットカード

※出国後にカード決済された場合でも、補償期間は日本を出国された日から90日となります

出典:Amex

あわせて読みたい

【海外旅行保険】利用付帯のクレジットカードとは?お勧めは?
海外旅行に出かける際、クレジットカードは必需品です。クレジットカードの機能として、別途の追加費用を支払うことなく海外旅行保険機能が付帯されていることがあります。そして、海外旅行保険機能は、大別して「自動付帯」と「利用付帯」があります。「自動...
楽天モバイル 海外赴任、海外在住、海外駐在の方には一択(Androidユーザー限定)
昨今、docomo, au, Softbankからの新料金プランの発表で、携帯業界は大変な騒ぎです。大手キャリアが大幅値下げを仕掛けてきたのですから、新興勢力の楽天モバイルは新たな戦略を練り直すのは必至の状態です。このようなご時世ですから、...